ミーと私 - まんぷく家の日々是好日

ミーと私

ミーと初めて会ったのは、1998年頃だったかな。
夫の実家は一軒家で、
ミーが家と外を自由に行き来できるようにしていたので、
家の前に車が着くと「誰かが帰ってきた」と認識していて、
家の中から「ニャンニャン♪」といいながら
お迎えに出てくるかわいい子でした。

それでも私は犬派だったので、
犬との生活を夢見ていたのですが、
義母がマンションで生活することになり、
2001年5月にミーは浦安から
私たちのマンションに引越してきました。

ミーだよ。

「猫は家につく」と聞いていたので、
ずっと長い間生活してきた家から連れてきて
大丈夫だろうか心配でしたし、
マンションでは家の中だけの生活になるので、
今まで家の中と外を自由に行き来していたミーにとって
新しい生活を受け入れられるか、本当に本当に心配でした。

でも、猫も「郷に入れば郷に従う」もので、
私達の心配をよそに、
案外すんなりと新しい生活を受け入れてくれました。

それから11年。
今年の5月で、ミーとの生活も12年目に入ります。
猫との初めての生活に思考錯誤の毎日でしたが、
少しでもよいお世話係になろうと今日まできました。
でも、ミーと生活を始めた頃から仕事が忙しくなり、
お留守番の時間も長く、
寂しい思いもたくさんさせてきたと思います。

                 【ネムネム
ネムネム…


ミーが言葉が話せたら聞いてみたいな。
「私は良いお世話係かな?」と。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

blog parts*nunu'sまんぷく家