高齢猫のトイレを考える - まんぷく家の日々是好日

高齢猫のトイレを考える

猫用のトイレは
砂を使うため外に飛び散らないように深さがありますが
高齢猫にとっては
「よっこいしょ」とまたいで出入りしなければならないので
とても負担なんじゃないかと感じていました

特にミーのように慢性腎不全の子は
多飲多尿でトイレに行く回数も多いので
なおさら負担です

猫のトイレもバリアフリーにして
毎日をより快適に過ごさせてあげたいと思い
私がイメージしたようなトイレがないか
いろいろと探してみました


<私のイメージしたトイレ>

トイレのイメージ図

① 出入り口は平でバリアフリー
② ミーは体か大きいので奥行き幅も広々としたもの
③ どこでおしっこをしても良いように
  周りの壁はある程度高さが必要


医療の進歩などで猫も長生きするようになった今
バリアフリーのトイレがあってもいいのに
探しても探してもイメージ通りのものが見つからず
その時使っていたトイレに
段ボールで作ったスロープを付けてみたり
またぐ高さが低ければ良いかなと
衣装ケースの引き出し部分をトイレにしてみたり
思考錯誤を繰り返しましたが
どれもいまひとつでした


それでやっと見つけたのが コレです

トイレ①


最初はペットシートの上に猫砂をひいていましたが
ミーはあまりこだわりがないようだったので
途中からシートだけにしました

でも時々思い出したように
シートでシャッシャと砂をかける仕草をしていましたが
私的にはシートの方がお掃除が楽で良かったです

どこでおしっこをしても良いようにと、
トイレ全体にシートを敷き詰めておきましたが
ミーはだいたいいつも同じところでおしっこをしました

ここらへん

トイレにまっすぐ入っておしっこして
振り向いて少し確かめてから
またまっすぐスタスタと出ていく…

よっこらしょとまたいでいた時に比べると
すごく楽そうで
このトイレにして本当に良かったと思いました


去年の今頃 ミーは目が見えなくなりました
それでも キッチンに置いてある自分のおトイレまで
どこにもぶつからずに行って
ちゃんとそこでおしっこをしていました

老いてもなおすごい能力を持っているミーに
ただただ感心するばかりでした

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

blog parts*nunu'sまんぷく家