ペット同行防災訓練 - まんぷく家の日々是好日

ペット同行防災訓練


先週の土曜日

災害時ペット管理ボランティアで担当している避難拠点の
「ペット同行防災訓練」 がありました


風はつめたかったけど
お天気にも恵まれて

絶好の訓練日和^^




9時半地震発生想定で
避難所に向かったのですが

到着した時には すでに受付ができていました・・・(汗


同行①



獣医の先生方も
準備に大忙し

同行⑧



ペット(犬)同行の参加の場合

一般の方とは
入り口も受付も きちんと分かれています

同行④


一般の受付に行ってしまった場合は
グラウンドを横切らず

学校の外をぐるっと回って
ペット受付の方に来ていただくことになっていて

ペット(犬)も 赤い点線で囲まれたエリアからは

出てはいけないことになっている など


訓練とはいえ 本番さながらきっちり区別されていて


誤って噛んでしまう事故がないように
また 衛生面においても しっかり配慮がされています



受付をしている時も
ワンちゃん同士が ケンカしたりすることがないよう

リードは短く しっかり持つように喚起

同行②


飼い主さんには
管理台帳に必要事項を記入してもらい

同行③


台帳と同じ番号
黒 → 飼い主さん
赤 → ワンちゃん

同行⑤

をつけてもらい

ボランティア側も ちゃんと把握できるようになっています




ワンちゃんたち

続々と避難してきました

同行⑨



実際 ワンちゃんや猫ちゃんをつれて避難する場合

どの避難所でも
小型犬や猫ちゃんは ゲージに入ってもらうことになります


獣医師のナガワ先生から
詳しいお話があり

同行⑩

同行⑪


ミニチュアダックスやチワワ
トイプードルやミニチュアピンシャーの子たちが

ゲージに入る訓練をしました


同行⑫


小型犬は

ゲージに入る習慣のない子が多く


同行⑮

どの飼い主さんも
入れるに 苦労していました



普段から
ケージに入る習慣をつけておくことが

とっても大切ですね!





この ぽっちゃりミニチュアダックスくんは

なかなか入らなかったので

飼い主さんがご年配だったこともあり
ケージに入れるお手伝いしました


おそらく 「肥満」なこの子は
ゲージの中で方向転換をするのに

同行⑯

四苦八苦



避難とは別ですが・・・

健康管理も 大切です!!




この子が
どうしてがんばって方向転換をしたかというと

飼い主さんを 見たいから



同行⑭

小型犬組は

みんな 飼い主さんの方を がん見



そして
出してほしくて 切なくなくので

飼い主さんたちも 出してあげたくなるから



人間の訓練の方へ 移動



そうすると
ワンちゃんも 方向転換


同行⑰

みんな 忠犬なのねー



猫の性格とは違って
おもしろかったです





中型 大型犬は

リードを鉄棒に結びます


同行⑬

ここでも
なるべく隣の犬と接触しないように

「リードは短く」 が鉄則ですが



みんな ご近所のお友だち同士で


ないたり 騒いだりしないで
じっと飼い主さんが戻ってくるのを待っている

お利口さんな子たちだったので


ケンカしたりすることも ありませんでした


同行⑱






今回のペット同行避難訓練では

飼い主さんと離れて
ケージに入って待つ

という 指導と訓練が主に行われ




小型犬 14匹

中大型犬 12匹

合計 26匹 のワンちゃんたちが参加してくれてました



風が冷たい中

飼い主さんも ワンちゃんも ありがとうございました



他の拠点担当の災害時ペット管理ボランティアの方々も
お手伝いに来てくださって

心強かったです




最後に アンケートに記入いただいて

同行⑥


パンフレットと
非常食のクラッカーをお渡しして

同行⑦


訓練終了



片付けをした後

私たちペットボランティアも
炊き出しのカレーをごちそうになりました


同行26


温かいごはんが
冷えきったからだに しみました


炊き出し班の皆さん

ごちそう様でした

同行27





初めて ペット同行避難訓練に参加して

とっても勉強になりましたが


やっぱり 猫ちゃんには
避難所生活は 難しいなーと思いました



とにかく ワンちゃんたち

大音量で なきます



猫ちゃんには
相当のストレスですよね



「災害時ペット対策フェア」 でも 書きましたが


災害時 ご自宅が無事なら
お家で過ごさせてあげるのが

猫ちゃんにとっては一番です



そのためにも

日ごろから ごはんとお水
猫砂 ペットシートなど必需品の蓄えを備えましょう


同行28



うちの子を 守ってあげられるのは
飼い主さんだけですよ

コメント

No title

ボランティアお疲れ様でした。
そーですか・・・猫の避難生活は難しいんですね~
でもそれでも非常事態になった時はどうにかしなきゃいけないから
普段からの常備の心がけが大事なんですね。
ご飯も猫砂も無くなる前に早め早めの補充をしなきゃです。
(ついついギリになってしまってるけど)
早速ご飯をネットで注文しとこーっと!)^o^(

2015/01/28 (Wed) 23:08 | ウニノコ #SFo5/nok | URL | 編集
No title

こんばんは(^-^)

防災訓練、お疲れさまでした(^-^)
寒かっただろうなぁ…と思ってましたが、校舎の空がキレイなブルー!
いいお天気でしたね♪

ケージに入れるだけでも大変で、やっぱり日頃から慣れるというのは
いざと言う時に役立つんだなーと改めて思います…
毎日の暮らしでは、嫌がることはしないし、
いつも自由にのびのびしてるのに急に避難生活!なんて、
事情が分かってる人間でも受け入れられないですね(;_;)

必需品の蓄えをまた増やしとこうと思います。
前回の記事を読ませていただいて、ほのののキャリーが
ボストン型だったので、ショルダータイプに買い換えたんです。
持ちやすくなりました(*^^*)
いい体験記をありがとうございました。

2015/01/29 (Thu) 00:13 | nunu #- | URL | 編集
詳細ありがとうございます

お疲れ様でした。
詳しい情報ありがとうございます。
とても参考になりますので、
私のブログでも
リンクさせてください。



2015/01/29 (Thu) 00:54 | ねりまねこ #bxvF113M | URL | 編集

すごいボランティアをされているのですね。
犬でもゲージに入れるのが大変とは、以外でした。
関西より関東の方が防災意識が高いという統計があるそうですが、人間の訓練はあってもペットの訓練は聞いたことがないです。
とても参考になりました。
ありがとうございました。

2015/01/29 (Thu) 07:32 | しぃママ #- | URL | 編集
Re: No title

> ウニノコさま

こんにちはー^^

避難所での生活は、ワンちゃんにとっても大変だと思うけど、
お家の中だけで生活している猫ちゃんには相当なストレスだと思うので、
私だったら心配で気が気じゃないだろうなーと思います(´;ェ;`)

お家もごはんも非常時だからとか、
猫ちゃんには理解できないですもんね・・・
ウニノコさんのコメントを拝見して、
猫砂残り1袋だったーと気付きました。
私も早速注文しまーすσ(゚ー^*)

2015/01/29 (Thu) 10:55 | あずき #- | URL | 編集

日頃の訓練はきっと役立つに違いないし、イメージトレーニングだけでもした方がいいとよく聞きます
分かってはいてもなかなか動けずにいるのに、毎日お仕事で忙しい中、実際行動に移されているあずきさん、素晴らしいです(*☻-☻*)

地震時、まずは家具の転倒で人間もニャンズも怪我をしないような対策は基本ですね
大きな揺れがきたら、猫ってジッとしてるのかな?
それとも倒れたり落ちたりする音に驚いて、パニック状態になるのかな?

万が一混乱時に逃げてしまった時のため、マイクロチップを埋めておいた方がいいかなと思案中です
楽くん、更ちゃんはチップ入ってますか?

2015/01/29 (Thu) 11:05 | ミツバチ #Hq4q/SH6 | URL | 編集
Re: No title

> nunuさま

こんにちは(*^-^*)

デジイチ、やっぱり持っていく勇気がなくて・・・(笑)
写真はスマホで撮りました。
当日は本当にいいお天気だったのですが、
最後の方は曇ってきてしまったので、
カレーが温かくてすごくおいしかったです(^∇^*)

ワンちゃんにとっても猫ちゃんにとっても、
ある日突然自由な生活が一変してゲージの生活になったら、
それは相当なストレスですよね・・・
ちょっとの間でも出してほしくて切なくなくので、
飼い主さんたちも「まだですか?」という感じでした。
これがずっとなんて、
見ている方もかわいそうで辛いと思います(TヘTo)

ショルダータイプのキャリーは持ちやすいですよねー
肩にかけた方が重さも軽く感じるような気がしますo(^-^)o

2015/01/29 (Thu) 11:35 | あずき #- | URL | 編集
Re: 詳細ありがとうございます

> ねりまねこさま

こんにちは^^

ブログにリンクしていただき、ありがとうございます!
私が担当している避難拠点は、
ペット同行避難に関して理解があるそうで、
訓練は今回で3回目だそうです。
拠点によって温度差があるようなので、
これからどんどん理解が深まるといいなと思っています。

2015/01/29 (Thu) 11:53 | あずき #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

> しぃママさま

こんにちは(^-^)

練馬区では災害時に飼い主の方と適切にペットの保護・管理を行う
「災害時ペット管理ボランティア」を募集していることを
楽と更を保護して下さったねりまねこさんから教えていただき、
私も何かできなかと思ってボランティアに登録しました。
でも、そんなすごいボランティアではないですよー(笑)

区役所の方から伺ったお話では、
私が担当している避難拠点ではペット同行にとっても理解があるそうです。
でも拠点によって温度差があるようで、
理解のないところも多いと聞きました。
ワンちゃんや猫ちゃんはたくさんのお家で飼われているので、
ペットも一緒に避難することへの理解がもっと深まればいいなと思います。

小型犬の場合は、
普段ゲージに入っていない方が多いみたいですよー
うちも「キャリー=病院」とインプットされているので、
習慣付けるのは難しそうです・・・(・∀・i)

2015/01/29 (Thu) 12:28 | あずき #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

> ミツバチさま

こんにちはー(o^ ^o)

毎日平穏無事に過ごしていると忘れてしまいがちですが、
こういう場に参加すると、常日頃からの備えが大事なんだと痛感します。
でも、楽と更にゲージの訓練したこと・・・ないです(_ _。)
ふたりを連れての避難は、私の脳内イメージだけなんですよね~~

東日本大震災の時は、揺れの大きさに猫ちゃんがびっくりして
家から飛び出してしまった、という話を聞きました。
先代のミーはごはんを平らげていたので大丈夫そうでしたが、
パニックになった猫ちゃんも多かったと思います。
家からの飛び出しとかにも気をつけないと・・・ですね!

楽と更はボランティアさんのところでマイクロチップを入れてもらいました。
ペット同行訓練の時、もしもはぐれてしまった場合のことも考えて
獣医さんもマイクロチップを推奨していましたが、
挿入する時にちょっと痛いらしいです(/ω\*)
でも普段の注射をがまんできれば大丈夫と言ってましたよー

2015/01/29 (Thu) 13:33 | あずき #- | URL | 編集
No title

すごく本格的で、段取りもしっかりしてるんですねー。
こういうボランティアの経験は、有事の際には絶対に
役立つと思うし、素晴らしい経験ですね。

私の住んでいる区はあまりこういうことが活発ではなくて
マンション単位では避難訓練や救護訓練などをやっていますが
ペットについてはないので、マンションの総会の時にでも
相談してみようかな・・

有事の際は日ごろの備えと行動力が命ですから、
しっかりやっていこうと思います。

2015/01/30 (Fri) 14:21 | suztan #- | URL | 編集
Re: No title

> suztanさま

こんにちはーd(^^*)

私が担当してる避難拠点は、
ペット同行が今回で3回目だそうなので
回を重ねるごとに改善して良くなっていったのだと思います。
今回飼い主さんとワンちゃんにつけてもったタグは
輪ゴムでできていたのですがワンちゃんには付けにくかったので、
結束バンドみたいなものに改良することになりました。
実際にやってみないとわからないことも多いので、
本当にいい経験ができました!

とはいえ、私もペット管理ボランティアにならなければ、
こういう防災訓練が近くで行われていることを知らなかったんですよー
マンションの避難訓練も、
階段でおりるのが面倒・・・と参加しない方だったので(´`)=3

でも、有事はいつ起こるかわからないので、
慌てないように訓練にもちゃんと参加しないとダメですね!
suztanさんも是非マンションの訓練で
ペットも一緒に参加できるように提案してみてくださいねo(^O^v

2015/01/30 (Fri) 17:32 | あずき #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

blog parts*nunu'sまんぷく家